LINEで送る

\"ビジネスでどのように利用するか \"

スーツの男女

インターネット上のビジネスは、従来のものとは違い顔と顔を合わせて取引きをするわけではありません。基本的に人間は顔と顔を合わせることで信頼関係が生まれます。そして、そこに取引き関係が生じることがあります。ところがインターネットを利用する場合は、多くの場合相手とは会ったことがないはずです。それでも買い物をしたり会員になるのは、相手方が大手のメーカーで信頼がすでにある場合が基本でしょう。小さな会社や個人でのビジネスであれば、インターネットだけで信頼を得ることは難しいです。信頼を得るための工夫をしたとしても、すぐに結果が出るわけではありません。そこでメールセミナーを利用してお客さんを獲得していきます。メールセミナーは、表向きはお客さんにとって有利な情報を提供することにあります。しかもメールでお得な情報や学びになること送るため、送る方も最初に定型文を考える必要ありますが、それ以外は無料で送ることができます。メールセミナーを受け取る方も無料で受講できるため思わず送信ボタンをしてしまうかもしれません。もちろんそれが狙いになります。わざわざ無料にしている理由は、価値がないからではなくビジネス的な戦略によるものです。最初から信頼関係がないため、参入障壁を低くして、少しずつ階段をのぼってもらうのがメールセミナーの手法です。

 

↑PAGE TOP