LINEで送る

ビジネスは信頼で成り立ちます。

スーツの男女

メールは社内外を問わず、ビジネスに必須なツールとなっているので、信頼度を高めて活用することがポイントとなります。信頼度は、時に人間関係やコミュニケーションの潤滑性を左右する指標となりますから、常に高めて良好に保つことが肝心です。ビジネスにおいては、メールそのものに不信感を持たれない為に、発信元やアドレスを一定に固定する配慮が信頼度の確保に効果的です。一度メールの発信元が相手に確認されていれば、それ以降も安心して受け取ってもらえますから、ビジネスを阻害する壁や要因が減らせるでしょう。何度送信しても相手が受け取ってくれなかったり、あるいはエラーは発生せず問題なく届いたはずなのに迷惑メールに分類されているらしい、これでは信頼関係で成り立つビジネスが成立しなくなります。信頼度の確保はまず、相手にメールの発信元を伝えて信頼性を高める、次に署名を付けて信用を得ることが基本です。ファイルの添付は行わない、この注意も信頼度に影響しますから、添付が必要な時は予め確認して許可を得る、これもセキュリティーが重要な時代のビジネスマナーです。後は、丁寧な受け答えで相手に良い印象を与え、同じ口調で同一人物だと印象付ける、そういった注意も良好な関係を実現したり維持するコツとなるでしょう。

 

↑PAGE TOP