LINEで送る

税務調査で困った時は税理士へ

スーツの男女

税務調査で困ったときは、独力で解決しようとせずに、税理士に相談をして解決することが重要です。税金問題で何らかの不備があったときには、担当の税務職員から調査の立ち合いを求められることがあります。確定申告をしていたにもかかわらずそのようなことを求められたときには、税法上の解釈上の違いでお互いに主張が異なることがあるので、必ず税理士に税務調査の相談をしておかなくてはいけません。そうすることで、税務に関するリスクを軽減することが可能です。

 

↑PAGE TOP