LINEで送る

注意したいビジネスメール

スーツの男女

ですます調、である調、謙譲語や丁寧語、ビジネスの世界では数多くの言葉が飛び交います。メールもその例外ではなく文章の書き方一つで相手に与える印象が大きく変わります。メール一つで仕事が飛んでしまったというケースもあり、普段話す言葉以上に気をつけないとなりません。 ビジネスで使うメールの文章は一見すると難しいように感じられますが、基礎が出来ていれば全く心配する必要はありません。大事なのは誰に何を伝えるかです。特に誰にメールを送るのかさえ気をつけることができれば失敗することはないでしょう。あまり堅くなる必要はなく、若干フランクな方が好まれる場合もあります。 ビジネスメールの基礎を学ぶことが出来たら、次に応用してみましょう。いくら文章が丁寧であっても内容が伝わなければ全く意味がありません。応用を行い簡潔明瞭な文章を作成できるように心がけると良いです。なお応用についての知識はインターネットや雑誌からではなく書籍から習得することをおすすめします。インターネットや雑誌などは無料で調べられることが多いですが、その分あやふやなことが書いてあります。書籍であればその点の心配なく、シーンにあった文章の作成の勉強が出来ます。

 

↑PAGE TOP