LINEで送る

ビジネスの意思疎通がメールへ

スーツの男女

最近はビジネス関連のコミュニケーションもIT化されています。また経費節減のため、多くの大企業が無駄な出張を削っており、ネット経由でクライアントと意思疎通する仕組みに切り替えています。また実際に双方が特定の場所に集まってコミュニケーションを交わす方法は時代に合わなくなって来ており、重要な会合や契約を除き、今では大半のビジネス関連の連絡がEメールに移り変わってきました。クライアントやユーザーにEメールを送付する時はモラルとマナーを意識しましょう。現実の手紙同様にEメールもまた相手の受信箱に残る大事な書類です。ビジネス関連のEメール作成時には次の基礎を守りましょう。まず自分の所属している企業や部署、そして返信先等は正しく明記しなければいけません。またタイトルは内容が簡潔に伝わるような文章を挿入すれば、相手が素早く確認してくれます。更にいきなり不躾に添付ファイルを送付するのは特にNGであり、コンピュータ・ウイルス付きのメールだと誤解されないため、基礎として理解おきたい事項です。送付したい場合は先に相手の許可を取る、あるいは添付自体をやめ、クラウド経由でファイルを相手に閲覧させる等、こういった最近のビジネスの基礎は厳守しましょう。またビジネス用の文体を意識し、無駄な世間話や顔文字なども厳禁であり、また適度に改行して読みやすい文面を意識しましょう。

 

↑PAGE TOP